「レインボー戦隊ロビン」サイト管理人による
  〜きまぐれ雑記帳・その17〜

メインコンテンツには書けないけれど、無視するには惜しい情報や、管理人の雑感を「気まぐれ的」に書き記したコーナーです。なにかの役には立つかも。(下から読んで下さい)

トップページに戻る

雑記帳・その16へ戻る

雑記帳・その18へ

No.170:東映アニメーション株主優待限定QUOカード(2014/3/21)


トップページをスマホでも見やすいように縦長タイプ変えてみました。
新しいサイトの顔は、いかがでしょうか。

以前からこちらと連動していた掲示板・アニメぶろぐなBBSをトップページ上にリンクしました。
ロビン専門の掲示板ではありませんが、新旧のアニメを取り上げてますので立ち寄っていただけると嬉しいです。

**************************

2014年度進呈の株主優待限定のキャラクターQUOカードのひとつに「レインボー戦隊ロビン」が選ばれたと東映アニメーションのサイトに発表がありました。

正確には「ハピネスチャージプリキュア!」「マジンボーン」「どうぶつ宝島」と「ロビン」の4種類です。
このうち、新作であるプリキュアとマジンボーンは描き下ろしのイラストが、宝島とロビンは「名作」として扱われ、既成のイラストが使われる予定とのことですが、まだ絵柄は発表になっていません。

すごく気になりますが「株主優待限定」なので、入手するには株主になるか、あるいはオークションに出されるものを狙うか...でしょうか。


去年までの作品を調べてみました。
「名作」に限定ですが、

2013年:狼少年ケン、キャプテンハーロック(CGアニメ映画版)
2012年:海底3万マイル、ハッスルパンチ
2011年:ちびっこレミと名犬カピ、パトロールホッパ・宇宙っ子ジュン
2010年:空飛ぶ幽霊船、風のフジ丸
2009年:長靴をはいた猫、狼少年ケン
2008年:アンデルセン物語、太陽の王子ホルスの大冒険
2007年:サイボーグ009(劇場版)、少年ジャックと魔法使い
2006年:わんわん忠臣蔵、ガリバーの宇宙旅行
2005年:シンドバッドの冒険、わんぱく王子の大蛇退治
2004年:少年猿飛佐助
2003年:安寿と厨子王丸
2002年:西遊記

ケン(TV第1作目)、フジ丸(第2作目)、ホッパ(第3作目)、パンチ(第4作目)ときてロビン(第5作目)ですから、単に順番が回ってきただけなのかもしれませんが嬉しいです。
来年は海賊王子、再来年はサリーかもしれないですね。

No.169:10年目(2014/2/11)


この「レインボー戦隊ロビン・ファンサイト」は、今日で開設して10年になります。

yahoo!掲示板にあったトピックから生まれた当サイトは、元になった掲示板が無くなっても、管理人が代わっても、支援してくださる方たちのおかげでなんとか続いてここまで来ました。

...なんてこと言ってる私自身は途中からの参加者です。
サイトの骨子はほとんど初代管理人さんが作ったもので、私はそれを手直しするだけだったりします。(汗)


ちょうどキリのいいところで、私・うる妻が三代目管理人としてご協力者様一覧&作ったのはこんな人!にプロフィールを載せました。
タナボタ管理人ですが、今後ともよろしくお願いします。


近いうちにトップページのデザインを変える予定でいます。今の横長のデザインではスマホでは見づらいとの指摘があり、それに対応するための変更です。
少し前までは、こういったサイトはパソコン画面で見ることを前提で作ればよかったのですが、インターネットの主力がパソコンからスマホに移りつつあり、この流れを無視できなくなっています。

未来を描いたSFアニメ世界のヒーローでも、こんなに便利な電子機器を持つことはなかったと思います。現実はいつのまにかSFを越えてしまいました。

このサイトが20周年を迎えるとき、世の中はどんな風に変わっているのでしょうね。
モノクロアニメを見て育った自分の目で、それを見守りたいと思います。

No.168:2014年(2014/1/2)


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

このサイト的には特に大きな動きもなく終了した2013年でした。
2014年は何か良いニュースが欲しいところです。

でも、何もなくても何かしら見つけて更新を続けていきますので、時々訪問してくださると嬉しいです。



訂正です。
下記「ラテンなロビン〜」でご紹介したVeoh Videoのロビン第5話「オーロラ作戦」は、まだ消えておらず、何かの不具合で検索しづらくなっている様子です。
いずれにせよ、ご興味がおありの方は早めに探してご覧になっておいた方がよさそうです。

No.167:ラテンなロビン〜(2013/12/1)


違法なので、あんまり大きな声では言えないのですが、Veoh Video(ヴィオ・ヴィデオ)という米の動画共有サイトにレインボー戦隊ロビン第5話「オーロラ作戦」が最近までUPされていました。(現在は消えているようです)

他のサイトにも「ロビン」はありますが、今回のこれだけはお知らせしたいと思いました。
というのも、このロビン、ラテンの言葉を話しているのです。(字幕は英語)


「バモス、アミゴス」なんてセリフが聞こえます。おそらくはポルトガル語かスペイン語。
1970年と1974年にはポルトガル語圏のブラジルで、1975年にはスペイン語圏のベネズエラでTV放送されていたので、おそらくこの時のいずれかだと思います。
どちらの言葉であるかはわかりませんが、南米のラテンの言葉をしゃべるレインボー戦隊(+パルタ人)というのは、かなり強烈でした。

けれど注目すべきは言語より声優さんでしょう。
オリジナルの「オーロラ作戦」のロビンは里見京子さんの高い子供の声です。
しかしラテンなロビンは男性声優さんによる青年の声でした。
悪くはないのですが、「オーロラ作戦」のロビンは中学生くらいの可愛らしい感じなので、正直ちょっと違和感がありました。
バラエティ編の大人びたロビンなら青年の声で合いそうな感じですが...。

他のメンバー、特にベンケイとベルは篠田さんと中村さんが声をあてているんじゃないかと思うくらいソックリです。リリの声もよく似ていました。
しかしペガサスはオリジナルのキンキン声ではなく低くて渋い声でした。オリジナルを尊重するかと思えば、その一方で独自の解釈で吹き替え版を作ったようです。


Veoh Videoには「ロビン」第5話「オーロラ作戦」以外に第1話もありました。(こちらは音声日本語・字幕英語)
他に遊星仮面、風のフジ丸、宇宙パトロールホッパ、カムイ外伝、サイボーグ009、ビッグXなども音声日本語・字幕英語でアップされていました。
現在もいくつかは消えずに残っているようです。

No.166:ロビンファンから見たヤマト2199(2013/11/4)


「ロビンファンから見た宇宙戦艦ヤマト」のコーナーは以前からありましたが、今回、ヤマト2199として新しく書いたものです。

2199のレビューはネット上に山ほどありますが、ここではあくまで「ロビンファンから見た」ことにこだわってます。
ということで、今回はメルダのファン&ベラのファンの人、必見ですゾ。

「レインボー戦隊ロビンファンから見た他のアニメ−11:宇宙戦艦ヤマト2199」


2012年春の映画館で始まったヤマト2199も終わってしまったし(来年、劇場版新作があるらしいけど)、寂しくなりました。
あらたにロビンファンをワクワクさせてくれるアニメ(できれば宇宙モノ)が現れることを切望しているところです。

No.165:宇宙戦艦ヤマト1966くらい(2013/10/27)


ついでと言ってはなんですが、これもご紹介しておきましょう。
「宇宙戦艦ヤマト1966くらい」とは、「ヤマト」のメカやキャラを1966年頃のモノクロアニメ風にデザインし直した、一種のパロディ作品群です。

「宇宙戦艦ヤマト2199」の盛り上がりを受けて、ヤマトファンたちがツイッターで意見交換しながら作っていったのですが、本職の漫画家やアニメーターの方たちが参加していたため、たいへん完成度の高いものになりました。

見ると古代も雪も「宇宙少年ソラン」や「スーパージェッター」に出て来そうな姿になってます。コスモゼロはペガサスみたい。ビーメラ星人たちは、なぜかハッチに...。
最初はイラストやメカをCG化したものだったのですが、気がついたらモノクロのOPパロディアニメまで作られていたので驚きました。

で、これ、どうも「レインボー戦隊ロビン」が参考にされているらしいんですよね....

本来が違法なのでリンクを貼るのは遠慮しておきますが、興味がおありの方は検索してみて下さい。

No.164:そのほかのそっくりさん(2013/10/27)


「宇宙戦艦ヤマト2199」と似ていると言えば、掲示板ではこのような書き込みもありました。
主にキャラデザより設定の方なんですが...


★本土決戦時のデスラー総統:

13721 名前:礼院坊 投稿日:2013年08月30日 (金) 22時53分

民を見捨てて自分だけ宇宙へ逃げた時点でパルタ皇帝。敵を葬るために人口密集の大都市ごと破壊しようとした時点でイモシ博士。

イモシ博士は「遊星仮面」の敵キャラです。野望のために母星の都市を破壊し、その罪を地球になすりつけて星間戦争を勃発させた極悪人でした。(そんなヤツと並ぶレベルにまで堕ちたんですよ、今作のデスラーは...)



★地球再生システム:

ヤマトがイスカンダルに取りに行くのはコスモリバースシステムなるもの。これは旧作のコスモクリーナーDに相当しますが、汚染物質を除去するのではなく、以前の状態に復元するシステムだそうです。

復元システムなら「ロビン」の方が先ですよね。

13928 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月20日 (金) 23時06分

リリはコスモリバースシステムを内蔵した女性アンドロイド?
そのコアは彼女の電子頭脳に組み込まれたすみ子さんの心か?


コスモリバースシステムのコアとなるのは地球人の記憶と説明されているんですが、見た感じ、どうも人の命そのもののような...。



★美少年キャラ

他の掲示板でも「昔の少年ヒーローみたいな顔」と言われた新キャラも登場しました。
保安部所属の勇敢な美少年、星名くん。

12736 名前:礼院坊 投稿日:2013年04月27日 (土) 01時24分

星名のあの容貌・・・いまロビンをリメイクしたら、ロビンはああいう感じになるんでしょうか。

ちなみに彼のガールフレンドの名前は百合亜といいます。(百合...リリ??)

No.163:ベラのそっくりさん(2013/10/27)


そっくりさんコーナーが久しぶりに更新です。

今回は「ロビン」の第25話と第26話に登場するベラと、「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場するメルダを取り上げてみました。
「宇宙戦艦ヤマト2199」をご覧になった方ならすぐに気づかれたと思いますが、二人ともパイロットで男勝りの性格や反政府組織への転身の様子がよく似ているのです
掲示板「アニメぶろぐなBBS」では、一時期この話題でもちきりでした。

「ロビン」と「旧ヤマト」は滅び行く星の引っ越し騒動である点など共通点が多かった作品です。新しいヤマト2199の敵惑星は滅亡に瀕していたわけではなく、この共通点はなくなっているのですが、メルダの登場と活躍で、結果、旧作より「ロビン」に近くなった感じです。

No.162:別冊オトナアニメ(2013/10/6)


現在発売中の別冊オトナアニメは東映アニメーション特集で、009やロビンの木村圭市郎さんのインタビューが掲載されているそうです。

肝心の本をこちらでは見かけないので内容の確認はできません。
確認できたら、あらためてこちらでご紹介しようと思います。

******************************************************

(2013/10/12)
9月26日発売「別冊オトナアニメ」、確認できました。

全国ロードショー中の「キャプテンハーロック」と製作元の東映アニメーションについての特集が掲載されています。
木村圭市郎さんのインタビュー記事は4ページでした。
インタビューの内容は東映アニメーション在籍時代に手がけられた作品が中心で、「ロビン」の名前は何度か出てきますが画像(写真)や作品解説はありませんでした。

特に目新しい情報などはなかったのですが、取り上げてくださったことを嬉しく思います。

No.161:海のトリトン(2013/10/6)


久しぶりに雑学コーナー内「レインボー戦隊ロビンファンから見た他のアニメ」を更新しました。
今回は「海のトリトン」。
「ロビン」のファンにはおなじみかと思います。

実はずいぶん前に書き始めてうまくいかず、途中で止まったままになっていました。
中の引用が古いのもそのためです。
それでもこのまま埋もれてしまうのは惜しいと思ったので、今回やっと引っ張り上げました。


今年だけでもヤマト、ハーロック、ガッチャマン、マジンガーZ、鉄人28号といった昔の人気アニメが多数リメイクされています。(中にはギャグ化されたのもありますが...)
その一方で人気はあるのに、なぜかリメイクされずに残ってしまった「トリトン」。
彼が蘇り、再び大西洋を目指す日は来るのでしょうか。

レインボー戦隊ロビンファンから見た他のアニメ−10:海のトリトン

トップページに戻る

雑記帳・その16へ戻る

雑記帳・その18へ