アニメぶろぐなBBS・過去ログ−その331



(スレNo.976の続き)

13933 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月21日 (土) 02時34分

>映画館では10分もカットされていた第25話。

>ゲールは結局、生き残ったんでしょうか。

そうだ、まだ10分残っていたんでしたっけ。
ゲールの生存はまだ確定したわけではありませんね。

>ディッツ父、タラン弟、エリーサ、フラーケンのその後も気に掛かります。

ディッツ父とエリーサはあちこちの収容所を開放して回ってレジスタンスしてるはず。
大勢の囚人を救出して戻ってくるのかな?

フラーケンはどうするかな・・・戦争屋ですからね。新たな戦場を求めて旅立っちゃうとか?
(ハーロックみたいな宇宙海賊になりそうな気が・・・)


>帰路でのバラン星は、旧作のバラン星に戻っていてちょっとびっくりしました。

ヤマトがワープゲートのシステムを波動砲で破壊したので、もとの自然な形の星に戻ったんですね。
バラノドンいるかなあ。



13934 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月21日 (土) 02時38分

>第二バレラスには元々人間はろくに乗っていなかったのでは

でしょうね。デスラーが第二バレラスの巨大ブロックを切り離してヤマトめがけて落下させることができたわけですし。
・・・ま、あそこに人が大勢いたとしても、あの男ならやったでしょうけど。

ヤマトはイスカンダルに何日も滞在してますから、その間にデウスーラに乗艦する兵員を集める時間は十分あったと思うんです。
でも誰も応じてくれなかったか、あるいは無駄だとわかって初めからそれをしなかったか。

>収容所惑星レプタポーダでも、警備に当たっていたのは大半がロボットでした。

フラーケンが「拡大政策のツケだ」と言ってましたっけ。支配域が広がりすぎて兵員不足になったのか・・・
それとも本当に人口が減っていたのか・・・


>その貴重なガミラス人を大勢犠牲にしようとしたデスラー。

>それでもデスラーはスターシャさえいたらOKだったんでしょうねえ...( ̄〜 ̄;)

押しかけ亭主になって、食いものはロボットに作らせて運ばせて、自分はオス蜂みたいに女王様と子作り一筋ですか?
ホント地に落ちましたね、2199のデスラーは。



13935 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月21日 (土) 02時40分

>タラン兄、気の毒でしたね。
>ホントに死んじゃったんでしょうか...

未上映だった残りの10分に賭けましょう。フラーケンの次元潜航艦が救助してくれてるかもしれません。
(彼ならデスラーよりタラン兄を救うはず)


>(セレステラは)どうせ最後は死ぬか殺されるだろうなー程度のキャラだったんですが、彼女の内面がわかるにつれ、だんだん好きなキャラになっていきました。

私も。当初はミレーネルのほうを生かしておいてほしかったなどと思ったものですが・・・
ガミラスに囚われた雪とお茶会したときの、彼女のニッコリ笑顔を見たあたりから印象変わっていきました。

>もっとも、友達にはあんまりなりたくないタイプではありますけどね。(^_^;)

隠し事は通用しないからなあ・・・以心伝心は得意でしょうけど。


>>結局、デスラーにとってセレステラはなんだったんだろう?

>ジレル人特有の能力を利用しようと考えたんじゃないでしょうか。

そのために、あたかも「オマエはオレにとって特別な存在なんだ」みたいなそぶりして彼女の心を持て遊んだというのですか!
総統として以前に男として最低じゃないですか、それって。

同じ人民を見捨てた支配者でも、女性に興味を持たず(という説がある)クローンで子孫を残そうとしたパルタ皇帝のほうがよっぽどマシな男に思えてきました。



13936 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月21日 (土) 02時45分

>ヤマトという艦はいろいろな星の美女の訪問をされていますね。

>ユリーシャ(イスカンダル)、メルダ(ガミラス)、ベリス(ザルツ)、セレステラ(ジレル)

宇宙カップルがどれだけ誕生するかと思いましたが、結局どなたも結ばれませんでしたね。

惜しかったのはやはりメルダかな、古代にはやはり雪がいたからなあ。
他の男たちもみんな女性クルーのガードが固くて手が出せなかったと思います。

これが女性クルーは雪だけの旧作ヤマトだったら飢えた男たちが黙っちゃいませんでしたよ!彼女たちをあの手この手で引き留めて・・・
ベリスだって「オレの血を彼女のために使ってやってくれ!」なんて言う輩が現れて、佐渡先生が必死に治療して助けていたかもしれません。

ベリス=島、メルダ=加藤、ユリーシャ=相原・太田・南部のどれか

あたりの宇宙カップルが誕生したんじゃないでしょうか。(セレステラが助かった場合のダンナになる男はようわからん。真田さんってことは・・・まさかね)

>あとはオルタリア人とガトランティス人がいればパーフェクトでした!!(≧∇≦)

残りの10分にこれをも詰め込むのは無理かなー?



13940 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月21日 (土) 20時27分

ベリスと島がくっついたら、どっちがどっちだかわかんないですよ〜〜
顔、ソックリじゃん!!(≧∇≦)

...って、外見で島の好みのタイプに一番近いのは、やっぱりユリーシャでしょうねえ。
テレサもスターシャによく似てましたから。
(松本美女はみんな同じ顔っちゃそうだけど)


空白の10分が判明するまで、あと1日!
なんだかドキドキしてきました...。



13966 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 00時42分

●大団円


デスラーは倒したものの、ガミロイドとの白兵戦でヤマト乗員も多数戦死しました。セレステラをかばって撃たれた雪は意識不明の重体で、
回復はほとんど見込めないという佐渡先生の診断でした。

真田さんは往路でユリーシャの身体を保存しておいた自動航法装置のカプセルに雪を保存することを提案します。
そこなら少なくとも容体の現状維持はできるからです。絶望的な雪の容体に古代は落ち込みます。

その頃、ヤマト艦内では往路と同様の幽霊騒動が起きていました。往路ではその正体はユリーシャでしたが、今度はどうも男性の幽霊の
ようでした。新見もそれを目撃し、彼女はそれが古代の兄・守ではないかと思います。

一方真田さんは、イスカンダルで受け取ったコスモリバースシステムの起動コアは、イスカンダルの超科学によって保存された古代守の意識では
ないかと推察していました。


やがて自動航法装置のカプセル内の雪がほんのわずかな間だけ意識を取り戻します。傍にいた原田が急いで佐渡先生と古代を呼びますが・・・
古代が駆けつけたときは雪は完全にこと切れていました。雪の亡骸を抱きしめて嘆く古代・・・(−_−。)

古代は仲間まで悲しませたくないと、雪の死を伏せるよう副長の真田さんに頼みます。そして元気を装い、加藤と原田の「できちゃった結婚」の
艦内披露宴を盛大に執り行います。

古代は雪の亡骸と「二人きり」でヤマト航海中の思い出を語り、「君が好きだ」と悲しい告白をします。その姿を見守る幽霊の姿がありました。
それは真田さんが推察した通り、コスモリバースシステムの起動コアに保存されていた守の意識体でした。

亡くなった雪と悲しい「結婚式」を挙げる弟の姿を憐れんだ守の意識体は、「進、おれがお前にしてやれるのはこれくらいだ」と、
コスモリバースシステムを起動させます。

ヤマトの艦体そのものであるコスモリバースシステムが勝手に起動したため艦内は大慌て。勝手に起動、そして停止。地球を救うためのシステムは
再起動不能となりました。地球を救うことは土壇場でできなくなりました。真田さんは「古代(守)、これがお前の意志かー!」と絶叫し、守を恨みます。

しかしそのコスモリバースシステムの力によって雪は蘇生したのでした!生き返った雪を抱きしめる古代。( ̄ー ̄。)


ヤマトはいよいよ地球が見えるところまで帰ってきました。赤い地球が見えると、沖田艦長は一人艦長室で「地球か・・・なにもかも、みな懐かしい・・・」
と言って息を引き取ります。そのときでした・・・

再起動不能となったはずのコスモリバースシステムが再び起動し始めたのでした。いったいどうしてなのか、誰にもわかりませんでした。
真田さんも「わからん・・・ただ、奇蹟というものが起きただけだ」と言うばかりでした。

歓喜に沸く第一艦橋に雪を連れて古代がやってきました。よもやの雪の元気な姿・・・彼らにとってもう一つの奇蹟が起きたのでした! A ー ̄。)


万難の航海を乗り切って地球に帰還していく宇宙戦艦ヤマト。
地球は元の青い惑星によみがえったのでした。



13967 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 00時43分

雪が蘇生して古代に連れられ仲間たちのところへ戻ってきたシーン、目が潤みました。

旧作でもあったシーンですが、「なぜ生き返ったの?」という疑問を抱く人も多かったと聞いています。
最終話はこの疑問を見事に説明づけてくれるお話になっていました。

まあ私は旧作でも「亡くなった沖田艦長の魂が雪に宿ったのだろう」と納得し、なにも疑問に思いませんでしたが。
そういう人はたぶん今のほうが少なくなっているでしょう。

幽霊騒動ですが、往路のユリーシャのときは判定しかねましたがこのたびの守は完全に幽霊ですね。確信しました。
イスカンダルの超科学は幽霊を科学的に作り出すことに成功したと解釈したいと思います。病気や怪我などで肉体を
維持できなくなっても意識や精神を維持し、機械を動かしたりする。とてつもないテクノロジーです。

守の幽霊は恋人を亡くして嘆き悲しむ弟が不憫で、地球を救うために託されたコスモリバースシステムを起動させました。
でも、いくら弟のためとはいえ、地球に待つ全人類を見捨ててまでそんなことをするものかなあ、とも思いました。あの守が・・・

恋人が全人類の命を犠牲にして助かったとしても古代は幸せになれただろうか。(デスラーならシアワセだろうけど)
古代はともかく、雪は絶対に悲しんだだろうな。

旧作だと雪の死に絶望した古代が沖田艦長のもとを訪ね、沖田艦長から「そんなことでは雪は喜ばんぞ」と叱咤激励されるシーンがありました。
ヤマトの航海を無駄にして人類を滅ぼしてしまうより、弟の夢枕に立って旧作で沖田艦長が言った言葉をかけてやるのではないかな。

でもそうすると雪は助からないしなあ。



13968 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 00時44分

再起動不能となってしまったコスモリバースシステムは、その直後、沖田艦長が亡くなった後に奇蹟的に再起動しました。
空になってしまった起動コアに今度は沖田艦長の意識が宿ったのではないかと私は想像してます。

死んだ人間が生き返るより、止まった機械が動き出すほうが見る人には受け入れられやすいですね。

もしかするとあの起動コアは、わりと簡単に代わりの人間の意識体を宿せるようになっていたのかも?
守もそれを知っていたので、雪を蘇生させるためにコスモリバースを動かしたとか?

仮にあそこで再起動しなくても、地球に着いてから真田さんが必死になってコスモリバースシステムの構造を分析して再起動を試みたと思います。
そして、起動コアに沖田艦長の意識体を移入して・・・という方法を導き出して成功させたことでしょう。



13969 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 00時45分

ヤマト2199の大航海、無事に終了いたしました。旧作から約40年ぶりの2度目の航海、すばらしかったです!

ガミラスの全滅エンドではなく、地球人とガミラス人が理解し合い共存を目指すエンドでした。このあと二つの星の人々が・・いや、ザルツやガトランティスなど
そのほかの星の人々も今後どんな未来を切り開いていくのか、想像するのが楽しいです。

だからヘタな続編作って目茶目茶にしないでほしい・・・( ̄ε ̄)


旧作では非業の死を遂げた藪やヒス副総統も、2199では報われて大団円の中に加わりました。

旧作ではイスカンダルに残って雪と生殖しようとして地割れに飲み込まれた藪、2199ではフラーケンの次元潜航艦の機関士です。
ヤマトを脱走して残留するという点では旧作の彼の思いは達せられました。荒くれ男どもの次元潜航艦ですが、彼らの中にいると藪もわりといい男ですね。
あそこでマジメに頑張ればきっといいヨメさんも見つかるでしょう。

徳川さんが元気なうちに地球に連絡入れろよ〜。


旧作ではガミラスの敗北を悟り停戦・和平をデスラーに進言して無下に射殺されたヒス。2199のデスラーはさっさとトンズラ決め込んでしまいましたので
そういう悲劇には至りませんでした。不毛な戦いは終わり、旧作の彼が望んだ「地球との共存の道」を実現する運びとなりました。

そしてたぶん、デスラー亡き後のガミラス総統ですからね。彼がどんな統治をするのか、想像するのがまた楽しみになりそうです。



13970 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月27日 (金) 10時05分

ヤマト2199最終話レビュー、ありがとうございました!

TV放送は、もう明後日なんですね。
なんだかアッという間でした。
詳しい感想は、それを見てからにしたいと思います。

その前にひとつだけ...


>いくら弟のためとはいえ、地球に待つ全人類を見捨ててまでそんなことをするものかなあ、とも思いました。あの守が・・・

守兄、コスモリバースシステムを起動させる前に「沖田艦長、後を頼みます」って言ってました。
ちゃんと後のことを考えていたのですよ。

瀕死の艦長には、守の言葉が聞こえていたのかもしれませんねえ...(;_;)



13971 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月27日 (金) 10時21分

続編は絶対にあります。

でないと逃げた芹沢をボコボコにできないじゃないですか!!(≧∇≦)

あの極悪人、捕まえて責任とらせないと、事故死したサーシャや戦死した人たち(星は問わず)が浮かばれません。



13972 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 20時54分

>「沖田艦長、後を頼みます」

あ、そういえばそうでしたね。守の意識体は沖田艦長に再起動を委ねた上でコスモリバースシステムを作動させたわけですね。

>瀕死の艦長には、守の言葉が聞こえていたのかもしれませんねえ...(;_;)

そういう「霊界」のやり取りがあって、雪も地球も救われて大団円となったわけなんだなあ。

真田さんは「奇蹟が起きた」と言ってました。この奇蹟の再起動の謎については地球に戻ってから真田さんがあれこれ分析するでしょうけど、
守と沖田艦長の霊界のやり取りは真田さんの頭脳を以てしても永遠にわからずじまいでしょうね。きっと。


>あの極悪人、捕まえて責任とらせないと、事故死したサーシャや戦死した人たち(星は問わず)が浮かばれません。

ガミラスにデスラー、一方の地球には芹沢かあ。(^∇^;)

彼はヤバくなったらデスラーのように宇宙へトンズラするかなあ。あの二人、宇宙で出会ったら気が合って共闘するかも?

旧作には真の意味で「極悪人」はいなかったと思います。双方戦う理由がはっきりしていたからだと思うけど、2199はガミラスが地球を
攻撃する理由がいまひとつ説得力に欠けるものでした。なので双方に極悪人を設置してその責任を負わせる構造にせざるを得なかったのかな。

・・・うむ、デスラーも芹沢も汚れ役をよく引き受けてくれた!



13983 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月29日 (日) 18時07分

「沖田さん、艦を返します」でしたね。守のセリフ。
ヤマトを艦長に託したということですから、意味はおおかた同じだと思いました。

この後、ヤマトはコスモリバースシステムとして使われるわけですが、爺さんのユーレイが出ると噂されるようになるんだろうか...



13986 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月29日 (日) 22時03分

よく見たら沖田艦長、事前に守と話していますよ。

眠っていた艦長がうなされていたのに徳川さんが気づいて起こしています。
目が覚めた艦長は「古代守の夢を見た」って言ってました。

守兄、艦長に無理難題をふっかけたんでしょうね。
おそらく「俺の代わりにコスモリバースのコアになってくれ」あたりのことを。
それで艦長はうなされていた...と。


引継は無事に成功し、艦長はトチロー状態で生き続けることになりました。
これなら続編で彼を無理矢理生き返らせる手間もなくなります。
一石二鳥??


13989 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月29日 (日) 23時02分

旧作の艦長のセリフ「死んだら魂は何処に行くのだろうか」の答えがコレってことかな?

他にもいろいろ思う事がありますが、続きは「総決算」の方で...




978 ▲ 最近見たアニメと秋の空:9月22日〜

13941 名前:管理人・うる妻 2013年09月22日 (日) 11時05分

気温が高いせいか、まだまだセミが鳴いてます。
遠くで鐘の音。秋ですねー。

なのに〜、なぜかおやつは柏餅。(^_^;)
やはりお萩にすべきだったのだろうか...


さきほど「ロビンファンサイト」を更新しました。
先日の七色さんの森下文化センターレポを「雑記−16」にUPしました。
といってもリンクでつなげただけみたいなものですが...

http://homepage3.nifty.com/come_un_uccello/


13942 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月22日 (日) 11時19分

昨日、仕事から帰ってから録画で観た「宇宙兄弟」。
久々にヤン爺登場したけど(回想シーンだけど)、彼の声を当てられていた石田太郎さんが急死されたことを視聴直後に知りました。
もうびっくり。

ドラマ収録中に倒れたとか。
カリオストロ伯爵の声でも有名でしたが、アニメでは「宇宙兄弟」が最後の作品でしょうか。
ご冥福をお祈りします。



13943 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月22日 (日) 18時16分

ヤマト2199第25話「完全版」見ました!!

やはり空白の10分は大きかった!!



とりあえず一言

「藪〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」(≧∇≦)



13944 名前:メタ坊 投稿日:2013年09月22日 (日) 19時40分
 うる妻様

 空白の10分、いろいろ盛りだくさんでした。

 新入りのザルツ人、良くやったw



13945 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月23日 (月) 02時39分

ヤマト2199、空白の10分。見せてくれました!!

ゲールくん残念でしたねー、生き残れませんでした。得意の日和見でデスラーを見限り、ディッツに従えばよかったものを。
まあ旧作のように上官の無理心中につき合わされたのではなくて、一軍の将として堂々と戦死したのだからヨシとしましょう。

そのゲールを葬った次元潜航艦のフラーケン、やってくれました!
猟犬が仕えていたのはデスラーじゃなく故郷ガミラスだったんですね。

>「藪〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」(≧∇≦)

まさか彼の活躍があるとは夢にも思いませんでした!・・・そうでしたか、フラーケンに拾われましたか。 r( ̄〜 ̄ )

フラーケンの部下が「ザルツ人」と言ってましたから、地球人であることは隠しているみたいですね。
機関士としての腕は立つ男でしょうから、新天地でたくましく生きていくことでしょう。

徳川機関長がこのことを知ったら喜んでくれるかな?


ディッツ提督はガミラス全軍に召還命令を出したとのこと。ゲールのような「デスラー派」はフラーケンが始末したり従えたり
してくれるでしょうから、ディッツによる軍隊の掌握はなんとかなりそうです。メルダも親孝行することでしょう。

ユリーシャはどんな仕事をするのかな。



13946 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月23日 (月) 20時57分

メタ坊さん
礼院坊さん

どもーーーー!!!
第25話、おもしろかったですよねーーー!!!


ゲールくんはちょっと残念でした。
まあ、小物とはいえ、さんざん悪いことやってましたからしかたないです。

しかし最期まで暑苦しい男だったなあ...


フラーケンはガミラス人ですが、元の「ヤマト3」の設定が生きていて、「虐げられる民族の苦しみがわかる男」ということらしいです。
(私はヤマト3」はほとんど見ていないので、よく知りません)
収容所惑星でのノラン君虐待事件の時のフラーケンの様子を見ると確かにそんな感じですね。

そんな男なので、ガミラス総統でありながら平気でガミラス人を殺すデスラーなど不要なのでしょう。


某掲示板では藪再登場に大いに沸いていました。
ザルツ人ヤーブ・スケルジと名乗っているみたいですね。

彼、結果的にはヤマトを救いましたね!
反逆者で脱走兵。普通だったら地球に戻っても裁判が待っている身分です。
この功績が認められればヤマトに戻ることも出来ると思うんですが、自らザルツ人と称しているくらいですから、この先もガミラスかザルツで生きていくつもりなんでしょう。

ともかく、転職成功おめでとう!!



13947 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月23日 (月) 21時24分

ネット上の感想を見ると「デスラーはヤマトに来て何するつもりだったんだ?」というのが多いです。
旧作ファンでもある私は「デスラーがあのタイミングで襲ってきて白兵戦になるのが当然」と思っていたので何も疑問はなかったのですが、旧作を知らない人には不思議に感じたようでした。

2199のデスラーは「ヤマトが欲しくなった」「艦長にあいさつをしたい」と理由を述べています。
実際、侵入したガミロイドはヤマトのエンジンを止めようとしていましたから、デスラーは本当にヤマトを乗っ取るつもりだったようです。
確かにヘンかも...

デスラーはヤマトを奪ってどうする気だったんでしょうね。
そして沖田艦長に何を言いたかった(聞きたかった)んでしょう。

もうほとんどキチガイなので、理由を探すのは無駄という意見もあるんですが....



13948 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 10時33分

セレステラを撃った後のデスラーの表情からすると、彼は彼女を他の側近と一緒に捨てただけで殺す気はなかったんでしょうね。
あの時ヤマトが頑張らなかったら死んでいたんですが、「直接手を下す」のと「見捨てる」の気分的な違いでしょうか。
(勝手なヤツだ!)

一方、撃たれたセレステラは息絶え絶えの状態でデスラーを撃ちます。
しかしその後、彼女がデスラーに想いを伝えて自殺を図った様子を見ると、無理心中を図ったのでもなく、そもそもデスラーを殺す気はなかったようです。

じゃあ何故撃ったのか。
これについて、デスラーの暴走を止めようとしたもので、デスラーの目を覚ますためだったのではないかと考察されている人がいました。


デスラーがスターシャにご執心のあまり精神が壊れてしまったことを一番悲しんでいたのはセレステラだったのでしょう。
自分は振り向いてもらえないのに...可哀想な人です。

そういえば、デスラーのスターシャへの執心について、男性の側近たちは気づいていなかったような??
雪はそのあたりの事情がわかるので、それでなおのことセレステラを放っておけなかったのでしょうね。


雪は何事も無かったら、あのままセレステラを地球に連れて帰るつもりだったのかなあ。

白兵戦の時、彼女を閉じこめたのは営倉ではなく雪の自室でしたもんね。捕虜にするつもりもなさそうでした。
(それもラブラブ写真を山ほど飾ってあるという、セレステラには酷な場所でした...)



13949 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 11時01分

旧作の「戦うのではなく愛し合うべきだった」は、2199では雪のセリフになってました。
これは良い改変だと思います。

あのセリフ、どこでどうやって使うのだろうと気になってました。
ガミラス人たちを救って感謝されるヤマトには、このセリフを使う必要は無さそうな流れになってましたから。


雪はヤマトクルーの中で一番多くの異星人と接触してきた人です。
ユリーシャには慕われ、ノランには惚れられ、デスラーの狂気の恋に気づき、セレステラの恋心を知り...
星を超えた愛に一番たくさん触れた彼女だからサマになるセリフなのでしょう。


有名な雪の「古代くんが死んじゃうー!」のセリフは無くなっちゃいましたね。
代わりに古代の「ゆぎいぃぃぃぃ〜〜〜〜!!!」の大絶叫に代わられました。
(旧作でも叫んでいたけど、ここまでじゃなかった)



13950 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 11時06分

あと気になるのは、爆発するデウスーラの上部から「何か」が飛び出して行くように見えたこと!!

出渕監督は「続編は作らない」と発言してましたが、続編を作れるようにお膳立てしているところがあるように見えます。
まあ、別の人が監督になるのかもしれないですし。

いずれにせよ続編は「さらば」「ヤマト2」のリメイクではなく、2199の続編になることでしょう。



13951 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 13時53分

昨日、さいたま市にある漫画会館の松本零士展に行って来ました。

入り口ではハーロックがお出迎え。
良く見るとマントにサインが。

中は撮影禁止なので画像はこれだけです
スミマセン。





13952 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 13時57分

展示作品はヤマト、999、ハーロックがメインで、エメラルダス、千年女王、セクサロイドといったもののマンガ原稿(生!)と、カラーイラスト、単行本(手にはとれない)、アニメのセル画などでした。

ふるーいマンガ作品は主としてマンガ本が展示されていました。
初期の頃の絵は手塚タッチに近い感じでした。(ちょっと意外だった)

ヤマトは当然旧作で、アニメで使われたらしい遊星爆弾のイラスト、過去のヤマトシリーズのセル画がありました。(絵の感じから「さらば」あたり?)
セル画の絵の具はちゃんとしているのにトレス線が消えかかってボヤッとした絵になっていました。

女性を描いた作品が多かったですね。
「同じ顔」と言われることも多い松本美女ですが、雰囲気は微妙に違うみたいです。

スペースも小さくてゆっくり見ても1時間もかからない規模です。
ノートを見たらメッセージや似顔絵がいっぱい。
似顔絵はメーテルが多かったような...描きやすいのかな?
ハーロックの映画を3回見たと書いていた方もいらっしゃいました。

私が行ったのは閉館時間に近かったせいか見物人は数人でしたが、初日のサイン会は盛況だったみたいです。



13953 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月24日 (火) 14時04分

ところで前回、「漫画会館」の石ノ森展が話題になった時、七色さんがクイズに出した謎のお店(モンサンミッシェルというケーキ屋さん)は、明日閉店してしまうそうです。

噂によると閉店理由は店長の「婚活」らしいです。
...ケーキ屋さんって女性に不評なの???
美味しかったのに残念です。

画像はモンサンミッシェルのケーキと、漫画会館でもらってきたチラシです。
イチジクのタルトは持って帰る間に形が崩れてしまいました。
ホントはもっと綺麗です。


「漫画会館」のお向かいのポニーは元気でした。
頭なでていたら着ていたジャケットの裾をしゃぶられてヨダレだらけにされてしまいました。(≧∇≦)

松本零士展は11月24日までです。






13954 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月24日 (火) 21時03分
うる妻さん。

>ゲールくんはちょっと残念でした。
>しかし最期まで暑苦しい男だったなあ...

ハナ水がにじみ出ていましたねー。(^_^;)


>ザルツ人ヤーブ・スケルジ

かっこいい名前じゃないですか!
でも名前と苗字が逆になってるような?

シュルツの部下にヤレトラーさんという人がいたので、私はスケッジ・ヤブトラーというのを想像していました。(^-^;)>

>彼、結果的にはヤマトを救いましたね!
>この功績が認められればヤマトに戻ることも出来ると思うんですが

彼はまがりなりにも優秀なエンジニアです。腕に覚えのある男なら、やはり自分を高く買ってくれる上司のもとで働きたいものです。
ヤマトでの叛逆行為が前科になって、地球に戻っても宇宙船の機関士として雇ってくれる人はいないかもしれません。

>(フラーケンは)「虐げられる民族の苦しみがわかる男」

フラーケンは出身や過去に関係なく、機関士としての藪の腕を高く買ってくれたんでしょうね。
そもそもあの艦に乗ってる連中、みんな「腕に覚えあり。されど脛に傷あり」ってな感じの人たちですね。



13955 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月24日 (火) 21時04分

>デスラーはヤマトを奪ってどうする気だったんでしょうね

ガミラスを追われた腹癒せに地球人を滅ぼしてしまいたいのならヤマトを破壊すれば済むことですよね。

コスモリバースシステムが欲しかったのかな?でも地球の物質であるヤマトで作ったコスモリバースシステムは地球の再生にしか使えないし・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・r(・_− )a??

国民に対して重大な背信行為をしたデスラーは、ガミラスに戻ってももう総統として君臨することはできませんよね。
ディッツが軍をほぼ掌握しましたから、ヘタすれば逮捕⇒裁判⇒死刑判決です。

なのでどこか亡命先を探さないといけませんね。でも彼が侵した大小マゼラン銀河の星々ではそれも無理でしょう。
とすると彼の行先は銀河系の星・・・やはり地球かな。

ヤマトを奪った後、しばらく待てば地球人は死滅します。そのあとでコスモリバースシステムを使って地球環境を再生すれば、そこは彼の新天地となりますね。

スターシャの代用品となるオンナたちもたくさん連れてきてましたし。


>そして沖田艦長に何を言いたかった(聞きたかった)んでしょう

・・・うーん、なんぼ考えてもわかりません!

私がデスラーなら恥ずかしくてとても会えません!沖田艦長の偉業と自身の所業を比べたら。



13956 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月25日 (水) 10時00分

>>ザルツ人ヤーブ・スケルジ
>名前と苗字が逆になってるような?

藪は名前を聞かれて、とっさに「ヤブ・スケジ」と答えたら、それがほぼそのまま彼の新しい名前・名字になっちゃったんでしょうね。

実は亡命者ですから名前と名字が逆になったくらいで済んでよかったのでは。
通常の呼ばれ方が「ヤーブ」なら、ヤマトにいる時とあんまり変わらないし。(^_^;)


ヤマトの世界って、地球人は男は名字で呼ばれてますね。同姓の場合はフルネーム。
女は名字だったり名前だったりしてますけど。

ガミラスでも男は名字優先。タラン兄弟はどうだったかな。
ザルツ人の若い人は名前で呼び合っているようでしたね。


>ヤマトでの叛逆行為が前科になって、地球に戻っても宇宙船の機関士として雇ってくれる人はいないかもしれません。

徳川さんは、藪が戻ってきたら迎えたいと思っているんじゃないでしょうか。
でも周りが許さないかもですね...。( ̄〜 ̄;)



13957 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月25日 (水) 11時38分

>>デスラーはヤマトを奪ってどうする気だったんでしょうね

>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・r(・_− )a??

これについて考察されている人がいました。

何をやってもスターシャに振り向いてもらえないデスラー。
なのにスターシャはヤマトを受け入れている。
ならば自分はヤマトを手に入れてスターシャに認めてもらおう!

ということでした。

確かに辻褄は合いますね。
ヤマトを手に入れてみせてもスターシャにはますます嫌われるだけとは考えつかないのはストーカー男ならではなのでしょう。

セレステラがわざわざ急所をはずしてデスラーを撃ったのは、デスラーにストーカーを止めて欲しかったから。マトモになって欲しかったから。
そうなる前にタラン兄がこのキチガイをぶん殴って気絶させときゃよかったんですよねえ。


デスラーはヤマトを手に入れたらデウスーラと共にガミラスに帰って総統の座に返り咲き、さらにイスカンダルに出向いてスターシャに迫るつもりだったんでしょうか。
スターシャからすれば頭が痛い存在のデスラー。
昔は恋人同士だったのに、何故こんなことになってしまったのか...なんて思っている時に、偶然拾った地球男の純朴さに惚れてしまったんだろうなあ。


>>そして沖田艦長に何を言いたかった(聞きたかった)んでしょう

いままでさんざん痛め付けられてきた恨み辛みとか??
うーーーん、ストーカー男の心理なんてわからーん!!(>ω<)



13958 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月25日 (水) 11時40分

〜宇宙兄弟 第74話〜
「魔法の裏技」

粗筋:

ムッタが提案した月面ナビシステムはお偉いさん方に大受けでした。
でもバトラー室長はムッタの月ミッション訓練を許可しません。

実は昔、ヒビトと同様に事故のショックでパニック障害を発症し、宇宙へ行くのを断念した後輩のことが頭にあったためでした。
その苦い経験からバトラーはとても慎重になっていたのです。


一方ムッタは焦っていました。
シャロンからの手紙が滞っていたのです。

病気が進み、元気をなくしているのではないか。
自分が月へ行くための訓練を受けていると言えるようになれば、彼女を元気づけることが出来るのではないかと考えていたのです。


なんとかバトラーに自分を認めてもらいたい。
ムッタはとある計画を立てます。

ある日バトラーはムッタからの電子メールを受け取ります。
「今日の18時30分ジャスト、この場所に行って空を見上げて欲しい」。
メールにはそう書かれていました。

指定された場所へ行くと、ロケットのように垂直に急上昇するジェット機が。
それは元空軍パイロットだったバトラーの心をつかむためにムッタが挑んだ荒技でした。



13959 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月25日 (水) 11時48分

感想:

キリモミしながら急上昇するパーティカルクライムロール。
ブルーインパルスではお約束の演目の1つだそうです。


今回はバトラー室長の回でした。
最初ムッタの実力を疑問視していたとはいえ特別ムッタにうらみがあるわけでもなく、それどころかだんだん一目置くようには変わってきていたんですね。

ムッタの月ミッション訓練参加を渋るのは、ヒビトを刺激して回復の支障になるのを恐れていたため。
先に月へ行ったヒビトが、結果、兄の足を引っ張ることになっているのは皮肉です。


ヤン爺が引退した今、ムッタにパーティカルクライムロールを教えてくれるのはモジャモジャ頭の教官アレックス。
二人並んだところを周囲が見て笑ってたところがおかしかったです。
(後ろ姿は、ほぼ双子)


ヒビット、とうとう仲間が揃いましたね。
カレンとリンダの声はせりかさんの声の人が担当しているようです。



13960 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月25日 (水) 22時07分

>セレステラを撃った後のデスラーの表情からすると、彼は彼女を他の側近と一緒に捨てただけで殺す気はなかったんでしょうね

セレステラは人の心が読める人間ですからね、「いつか始末しなくては」なんて日頃から思っていたんじゃないかって気もしますが・・・

デスラーはセレステラを裏切って「尊い犠牲」の一人にしようとしました。なのでたぶん彼女は自分のことを恨んでるだろうと思っていたんじゃないでしょうか。
でもセレステラは自分を慕って追いかけてきました。そういう女性を自分の手で殺めてしまったら、いかにキチガイな男でも呵責を感じるでしょうね。
そうでない男なら、おそらくスターシャを愛することすらなかったと思います。


>(撃たれたセレステラは息絶え絶えの状態でデスラーを)何故撃ったのか。
>デスラーの暴走を止めようとしたもので、デスラーの目を覚ますためだったのではないかと考察されている人がいました。

なるほど・・・でもそんな彼女の命と引き換えの訴えも、デスラーは聞く耳持ちませんでした。

デスラーがもう少し重い傷を負ってヤマトの艦内病院で救命されるような事態になっていたら、もう少し違った結果になったかもしれないですね。


>デスラーがスターシャにご執心のあまり精神が壊れてしまったことを一番悲しんでいたのはセレステラだったのでしょう。

>そういえば、デスラーのスターシャへの執心について、男性の側近たちは気づいていなかったような??

これ、気づかれたら部下たちの多くが離心しますよ。いや、部下だけでなく国民も。このことはデスラーにとってトップシークレットだったと思います。
(スターシャとの仲を口にして穴に落っことされた部下もいたかも?)

総統の地位を揺るがしかねないので、セレステラは誰に相談することもできず悩み続けていたことでしょうね。
本当に気の毒な・・・。

>雪は何事も無かったら、あのままセレステラを地球に連れて帰るつもりだったのかなあ

そうなりますかね。マゼランパフェをご馳走したらメルダみたいに気に入ってくれたかもしれません。
地球のおいしい食べ物に興味持ってくれたら、裏切ったオトコのこともいつしか過去の話になっていたでしょうに。

デスラーを忘れるためにひたすら食べて太ってしまったりしてね。(^-^)



13961 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月26日 (木) 00時26分

>旧作の「戦うのではなく愛し合うべきだった」は、2199では雪のセリフになってました。

>あのセリフ、どこでどうやって使うのだろうと気になってました。
>ガミラス人たちを救って感謝されるヤマトには、このセリフを使う必要は無さそうな流れになってましたから

「戦うのではなく愛し合うべきだった」は、私はないものと思っていましたよ。あのセリフは戦いの果てにガミラスを全滅させてしまったという、
旧作の古代と雪の後悔の一念でした。でも2199の地球とガミラスは、その「戦うのではなく愛し合う」を実現することができましたからね。

でも使うとしたらあそこしかありませんでしたね。

今回は新たに「戦う理由なんかなかったのに」が加わってました。たしかにそのとおりでした。「戦いは必要だった・・」と言ってるのは
デスラー一人だけですから。旧作はガミラスのほうも生存権を賭けていたので、デスラーの戦いにも大きな理由がありました。

>雪はヤマトクルーの中で一番多くの異星人と接触してきた人です。
>ユリーシャには慕われ、ノランには惚れられ、デスラーの狂気の恋に気づき、セレステラの恋心を知り...

あ、ホントだ。言われて気がつきました。
メルダとちょっぴりライバル関係になってたことにも気づいていたかな。


>有名な雪の「古代くんが死んじゃうー!」のセリフは無くなっちゃいましたね。

あのあと古代は雪を佐渡先生のところへ担ぎ込んだはずです。
その際、「雪が死んじゃうー!」くらいのことは言ってたかもしれません。

>代わりに古代の「ゆぎいぃぃぃぃ〜〜〜〜!!!」の大絶叫
>(旧作でも叫んでいたけど、ここまでじゃなかった)

旧作の熱血バカ古代のほうが2199の優等生古代より大絶叫しそうなものですが・・・ここだけは不思議と逆なんですね。
なんのかんの言ってもあの当時の日本男児のほうが感情をセーブできたのかもしれません。



13962 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月26日 (木) 00時35分

>爆発するデウスーラの上部から「何か」が飛び出して行くように見えたこと!!

録画をコマ送りで見てみました。ほんとだ!デウスーラのブリッジが破壊されずに上へ飛び出しています!
ということは、中にいるデスラーもそのまま・・・続編の悪夢がよぎるなあ。

デスラーが復活したら一番嫌な顔をするのはスターシャかも?


ヘタな続編でヤマト世界を壊すくらいなら、朝のゆるアニメにしてくれたほうがまだいいです。

デスラーのスターシャへのストーカーネタ、ユリーシャ・メルダ・山本の女子会ネタ、ヒス家のヒルデちゃんネタなど、楽しさ盛りだくさんです。



13963 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月26日 (木) 10時51分

>でもセレステラは自分を慕って追いかけてきました。そういう女性を自分の手で殺めてしまったら、いかにキチガイな男でも呵責を感じるでしょうね。

すがりつく女を蹴っ飛ばすのはモテ男の特権かもしれませんが、撃ち殺したら鬼畜ですわ。


>デスラーのスターシャへの執心
>総統の地位を揺るがしかねないので、セレステラは誰に相談することもできず悩み続けていたことでしょうね。

そういうことになりますね。
エリーサ夫人にでも相談できればよかったのでしょうが、嫌われ者を自覚しているセレステラにはそれができませんでした。
(ミレーネルには愚痴こぼしていたかもしれませんが)


しかし...デスラーの横恋慕と狂気に気づいていたのがセレステラ一人なんていう状態では、これじゃいくらガミラス軍が強大でも穴だらけになるわ。
クーデター起こすヤツはでるわ、現に親衛隊はやりたい放題で、おかげで反乱分子を増やしてしまったし...

ヤマトはその穴を突ついてほころびを広げただけなのでは?
ガミラスが格下の惑星のたった一隻の艦に敗北しましたが、実質「自滅」だったような感じです。



13964 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月26日 (木) 11時24分

異星人との親交という点では、ヤマトクルーはもれなくメルダやユリーシャと接してますが、特に深く関わったのが雪と古代、山本でしたね。
(藪と守は除く)

できれば島も異星人と仲良くなって欲しかったです。
お父さんが果たせなかった約束「宇宙人と友達になる」は、息子が実現して欲しかった。
(ん?続編で宇宙人を嫁にするとか??)


>旧作の熱血バカ古代のほうが2199の優等生古代より大絶叫しそうなものですが・・・ここだけは不思議と逆なんですね。

2199の古代は旧作と比べて大人しいというか影が薄いです。
存在をアピールする唯一のチャンス??

けど、ここらへんはまだマシで、最終話になると痛々しいくらいなんですよね。
旧作の頃ってなんだかんだ言っても男は強くないとダメでした。
2199のは、やはり「今風」なのかもしれないですね。



13965 名前:管理人・うる妻 投稿日:2013年09月26日 (木) 11時30分

>デスラーが復活したら一番嫌な顔をするのはスターシャかも?

うはは〜〜。そうかも。
生きていたら頭が冷えてマトモになっていることを期待しましょう。


>ヘタな続編でヤマト世界を壊すくらいなら、朝のゆるアニメにしてくれたほうがまだいいです。

>デスラーのスターシャへのストーカーネタ、ユリーシャ・メルダ・山本の女子会ネタ、ヒス家のヒルデちゃんネタなど、楽しさ盛りだくさんです。

「おはようヤマト」ですかーーー( ̄Д ̄;;)
もう「薄い本」のネタにはなっていると思いますけどね。



13973 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 22時16分

>ガミラスが格下の惑星のたった一隻の艦に敗北しましたが、実質「自滅」だったような感じです。

いろいろ思い起こすとまさにそういう感じですね。劇場版の上映が始まった頃、ヤマト一隻で強大なガミラス帝国を打ち破るには、ガミラスが内部にも
相当な弱点を抱えている必要があるのでは?という議論があったと思います。全くその通りの展開になったと思います。

>クーデター起こすヤツはでるわ

ドメルがせっかくヤマトを追い詰めたのにゼーリックのクーデター未遂事件でおじゃんになりましたね。ヤマトはゼーリックに救われたようなものです。

>親衛隊はやりたい放題で、おかげで反乱分子を増やしてしまったし...

「反乱分子」の収容所もひどい有様でした。おまけに征服した星の人々には人種差別政策・・・これではデスラーが「星々の救済」などと偉ぶっても、
ガミラス星以外の星ではだれも信用しなかったと思います。

ガミラスが人種平等政策を敷いて真に星々の救済とやらを実行していたら、メルダもノランもヤマトに味方しなかったかもしれません。

>ヤマトはその穴を突ついてほころびを広げただけなのでは?

いちばん大きく広げてくれたのがメルダだったと思います。ヤマトの地球人たちと接して、いままで目に入らなかったガミラスの非道ぶりが見えるように
なったのだと思います。彼女が反政府組織に加わったのが大きかったですね。メルダたちの手でレプタポーダの収容所が開放され、ガミラスが一枚岩でないと
いうことを知ったとき、ヤマトのほうでも「我々はガミラスに勝てる!」と本気で信じることができたのではないでしょうか。

一見無謀とも思えたヤマトの総統府突入作戦も、メルダら反政府組織がもたらした確かな情報による用意周到な作戦だったのかもしれません。
ただ、まさか偉大な総統たるデスラーが民も部下も見捨てて自分だけトンズラするとは、メルダも夢にも思っていなかっただけで。



13974 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 23時11分

>できれば島も異星人と仲良くなって欲しかったです。
>お父さんが果たせなかった約束「宇宙人と友達になる」は、息子が実現して欲しかった。

メルダが古代とヤマト版友情の瞳をしたとき、古代には雪がいるので島のヨメにどうかなーと思ったんですよ。
また、ベリスがヤマトで戦って倒れたときも、ヤマトで治療受けて回復して、そいでもって島のヨメに・・・と瞬時に頭をよぎりました(顔ソックリでしたし)。

どちらも実現せずに残念です。もう1クールあったら・・・と思っています。(帰路、加藤・真琴カップルとダブルで披露宴ということも)

可能性としてはベリスのほうがありえたかもしれないと思ってます。(メルダは気難しそうだから)

でも・・・自分によく似た異性に出会ったときって、いったいどんなふうに感じるものなんだろう?私はまだ経験ないですが(そんな女性がいるとは思えない!?)。
ロビンはグリース女王に出会ったとき、特に何も感じてなかったみたいですね。



13975 名前:礼院坊 投稿日:2013年09月27日 (金) 23時12分

>2199の古代は旧作と比べて大人しいというか影が薄いです。
>(「ゆぎいぃぃぃぃ〜〜〜〜!!!」の大絶叫は)存在をアピールする唯一のチャンス??

たしかに。あそこで大絶叫しなかったら、ヤマト2199は主人公のいなかったアニメと言われたかもしれません。

>旧作の頃ってなんだかんだ言っても男は強くないとダメでした。

熱血バカぶりを散々演じたあげく、最後に「ゆぎいぃぃぃぃ〜〜〜〜!!!」の大絶叫では「なんだコイツ」と呆れられたかもしれませんね。

旧作の古代はヤマトの大航海を経て人間的に大きく成長を遂げていました。強い男になっていたと思います。
なので最終回のあのシーンでは厳粛な雰囲気を演じることができたのでしょうね。

>2199のは、やはり「今風」なのかもしれないですね。

旧作の古代は沖田艦長からずいぶんいろんなことを学び、感じ取っていました。それが彼の成長につながったのだと思います。
それに比べると2199の古代は沖田艦長との関わりがかなり薄かったと思います。

その代わり女のコとの関わりが多くて。(雪のほかに山本とメルダ)

やはり今風とやらですかね。


その332へ

アニメぶろぐなBBS過去ログTOP