「レインボー戦隊ロビン」の世界の謎を考える
その8(いろいろ)

管理人・うる妻の掲示板「アニメぶろぐなBBS」の投稿からピックアップしています。
(このページの担当はうる妻になります)

うる妻の投稿より(2009/10/21)

Q:
第一話でメンバー紹介が終わったとたんに全員飛び出して行っちゃったけど、集まった大勢の子供達はお目当てのヒーローたちが消えてしまってブーブー文句言わなかったかな。
礼院坊 千さんの投稿より(2009/10/21)

A:
レインボーグッズの販売会も企画されてたなら、その無料配布でなんとか勘弁してもらえたかも。
うる妻の投稿より(2009/10/22)

A:
緊急事態となったら出動していいという取り決めにはなっていたと思います。
その時は防衛軍がロビンたちの代わりに子供達へサービスする、ということになっていたのかもしれません。
空軍の航空ショーとか、新式の戦車のお披露目とか、ミリタリーファッションショーとか...??
礼院坊 千さんの投稿より(2009/10/24)

A:
タイガーさんの出番ですね!
第1話のころの傲慢なタイガーさんなら「オレはこんな坊やの代わりはゴメンだ!」なんて言ったかも...(^_^;)

うる妻の投稿より(2009/10/21)

Q:
そもそも(第1話冒頭の)お披露目会は誰が企画したのか...など、よーく考えると眠れなくなりそうです。(^_^;)
礼院坊 千さんの投稿より(2009/10/21)

A:
ファンファーレを奏でるトランペットに世界連邦の紋章が掲げられていますね。
ということはお披露目会のスポンサーは世界連邦で、企画したのはおそらくあの長官ではないかなーと思います。
隊長が子供で隊員がロボットという超怪しい戦闘組織にここまでする世界連邦長官。
その裏にはいったいどんな繋がりが!?!( ̄Д ̄|||)


うる妻の投稿より(2009/10/22)

Q:
実は世界連邦長官とポルト博士はかなり親しいんじゃないかと。
礼院坊 千さんの投稿より(2009/10/24)

A:
地球へ来て、すみ子と結婚して地球人の味方になることを決意したあと、ポルト博士は秘かに世界連邦長官のもとを訪ねて事態の全てをうち明けたのでは?

で、「私はいづれ裏切り者としてパルタ軍に連行されるでしょう。そのあとレインボー戦隊が地球のために戦います、そのときは彼らのことをよろしく頼みます」みたいなことを長官に頼んだのかも。
世界連邦長官とポルト博士は「ガッチャマン」でいうと、ほとんどアンダーソン長官と南部博士って感じかな〜。

そういえば南部博士が引き取って育てたジョーはギャラクター幹部の子でした。「敵の血が入った子」という点もロビンと同じなんですよねー。


礼院坊 千さんの投稿より(2009/10/24)

Q:
ロビンが地球人とパルタ人の星間混血児であることを、いったいどれくらいの地球人が知っていたのでしょう?
うる妻の投稿より(2009/10/24)

A:
パルタ編では、地球人はおそらく地球連邦長官以外、誰も知らなかったと思います。
伏せていた理由は地球人に反感を持たれることを懸念したため。公表されたのはパルタ星との戦争が終わった後でしょうね。
第6話「宇宙にかける虹」の時点まではロビン本人すら知りませんでしたが、最終回間際の第47話「幻の将軍」の頃には公認の事となっていたようですね。

OHYABUさんの投稿より(2009/10/25)

Q:
地球の科学では存在し得ない5体のロボットの存在。
こちらがいっさい危険視されていないことの方が、私にとっては疑問なんですが。

パルタ星の科学でつくられたものだと、容易に察しはつくはずです。
そうなると地球側は、ロボットたちになんらかの疑惑を感じるのではないかと。

うる妻の投稿より(2009/10/25)

A:
ロボットたちを従えているのは地球人としか思えない少年(顔も名前も公表している)です。
普通の人はレインボー戦隊は頼りになる味方だと思うでしょうし、万が一秘密がバレても報道規制が掛けられます。
なんたって地球連邦長官のお墨付きですから。
一部のするどい人は「レインボーって怪しいんじゃね?」と感づいたかもしれません。
でも公には発言できませんから、某○ちゃんねるみたいな掲示板でワイワイ騒いでいるかもしれません。


礼院坊さんの投稿より(2009/10/26)

Q:
パルタ軍が「ロビンはパルタと地球の星間混血児」と地球人にバラして混乱させる戦略をとらなかった理由を考えてみました。


●人種差別が地球人特有の習性で、パルタ軍はそんな習性が地球人にあることを全く知らなかった。

●地球人から人種差別感情がなくなり、パルタ軍はロビンの出生の秘密をバラしてはみたものの、大半の地球人の反応は「それがどうしたの?」だった。

●パルタ皇帝にとってもロビンが星間混血児であるというのは都合の悪いことだった。
 例)「パルタ皇帝は偉大だからそれを裏切る者は存在しない」というのが彼の誇りだった。

うる妻の投稿より(2009/10/27)

A:
「パルタ皇帝にとってもロビンが星間混血児であるというのは都合の悪いことだった」が、いちばんあり得る感じがします。

ロビンの生い立ちは軍の上層部でしか知られていなかった可能性があります
もしかしてポルト博士はパルタ皇帝のおかかえの学者だったんじゃないかな。
礼院坊さんの投稿より(2009/10/29)

A:
側近中の側近が裏切ったとなれば部下の士気に影響するでしょう、ましてや地球人との間に子供まで作っちゃったとなれば一大スキャンダルですよね。
これはパルタ皇帝にとってマズいなあ・・・。
目を掛けていた側近に裏切られ、その子供に散々邪魔をされたあげく、最後はパルタ星と心中させられるはめになったパルタ皇帝....
そう考えると、ちょっぴり可哀想かも??




トップページに戻る